予約優先制 092-401-3003
 

〒814-0165
福岡県福岡市早良区次郎丸2-10-43

診療時間
9:00~12:30
14:00~17:00

【休診日】日曜・祝日 ◯:水・木曜日の午後は手術
※English corresponding Allowed(英語対応可)

福岡市早良区の白内障・緑内障・神経眼科 新井眼科医院

当院のご案内

小児眼科 コンタクト
Q&A 求人案内
HOME»  当院のご案内

治療方針

白内障

水晶体が加齢や外傷その他の理由により、白く濁ってくる病気です。 点眼薬で改善することはありません。白内障の手術適応は視力だけではなく、コントラストやまぶしさの検査を行って総合的に決定いたします。 手術は濁った水晶体を取り除き、代わりに眼内レンズという人工的なレンズを目の中に固定します。通常は20分程度で行われる手術ですが、スピードを競うような雑な手術は決していたしません。この手術も日帰りで行いますが、翌日必ず来院いただいて、診察します。

緑内障

緑内障は本人が気づかないうちに、視野が周りから欠けてくる病気で、診断が大切です。 従来は眼圧(目の硬さ)測定で判断していましたが、最近は眼圧が正常でも緑内障の変化を来す患者さんが増えてきましたので、眼圧のみではなく、眼底検査、視野検査、目のCTで眼底の網膜の形状を調べ、これらの結果を総合して診断します。診断が確定すると点眼薬で眼圧を下げる治療を行います。数種類の点眼を組み合わせる場合もあります。これでも眼圧が下がらず、進行する場合は手術を行い、眼圧を下げます。白内障の手術と同時に行うこともできます。これらは基本的に日帰りで行います。

糖尿病網膜症

糖尿病の合併症として、眼底に出血や腫れ、ひどくなると新生血管とよばれる弱い血管が生えて来て、出血を起こしたり、網膜剥離を起こしたりして、視力が下がります。失明をきたす場合もあります。 少しの変化も見逃さないように眼底検査を定期的に行い、内科との連携も行います。網膜の出血が増えてくると、通院でレーザー光線での治療を行います。2週間ほどの間隔で3、4回行うことがあります。硝子体出血や黄斑浮腫などで視力が低下した場合は、硝子体手術を行い、視力の向上をはかります。硝子体手術は1時間を越える場合もありますが、日帰りで行います。 他の黄斑部疾患に対しても同手術の適応を増やしてきており、光干渉断層装置を用いて網膜の断層像を得、手術適応、術前後の評価に役立てております。

神経眼科疾患(眼球運動障害・視神経障害)

眼球の動き、視神経や頭痛などの病気が含まれます。眼球の動きに異常が起ると、物が2重に見えます。また視神経の病気では視力が低下したり、視野が欠けたりします。

眼瞼痙攣

ボトックス注射を行っております。

診療科目

眼科(白内障、緑内障の日帰り手術、網膜病変、糖尿病網膜症、ロービジョンケア、神経眼科)

診療時間

診療時間
9:00~12:30
14:00~17:00

【休診日】日曜・祝日
・○:水曜日・木曜日の午後は手術となります。
・初診の際、ご予約なしでも受診していただけますが、事前にお電話でご予約いただきますと、よりスムーズに受診していただけます。

PAGE TOP