予約優先制 092-401-3003
 

〒814-0165
福岡県福岡市早良区次郎丸2-10-43

診療時間
9:00~12:30
14:00~17:00

【休診日】日曜・祝日 ◯:水・木曜日の午後は手術
※English corresponding Allowed(英語対応可)

福岡市早良区の白内障・緑内障・神経眼科 新井眼科医院

緑内障

小児眼科 コンタクト
Q&A 求人案内
HOME»  緑内障

緑内障はどんな病気?

眼を触ってみると弾力があります。
この弾力性を眼圧といい、眼内を循環する房水という水の産生と排出のバランスで一定に保たれています。
緑内障では房水が排出されにくくなって眼圧が上昇し、視神経が悪くなり、視野欠損や視力低下が起こります。

2つの緑内障のタイプ

緑内障は大まかに2つのタイプに分かれます。
ひとつは閉塞隅角緑内障で、房水の排出口が急に塞がって急激に眼圧が上昇し、視力低下と眼痛、頭痛を来して、放置すれば数日で失明に至ることもあるタイプです。
もうひとつは開放隅角緑内障といい、房水の排出口のフィルターが目詰まりして慢性的に眼圧が上昇するタイプで頻度の高いものです。
視野欠損は始めは気づかれず、自覚症状がでたときは狭くなっている場合があります。
検診や眼科受診で偶然発見されるということも稀ではありません。
最近では、眼圧は高くないのにこのような視野欠損が起こってくる正常眼圧緑内障という病気も多いといわれています。

緑内障の診断、検査

緑内障の検査は、主に眼圧・眼底・視野検査です。
これらの検査は外来で比較的簡単にできます。

緑内障の治療

眼圧を正常範囲まで下げ、視野欠損や視力低下が進行するのを食い止めることが基本です。
閉塞隅角緑内障ではレーザー光線で房水のバイパスを作り、眼圧を下げます。
白内障の手術で改善される場合もあります。
開放隅角緑内障では先ず眼圧を下げる点眼を開始します。
2種類以上の点眼を行う場合もあります。
止めればまた上がるので、一生涯点眼を続けると考えてよいでしょう。
点眼が効かない場合は、手術を行います。
当医院では房水を眼の外に誘導する濾過手術とフィルターの目詰まりを取り除く繊維柱帯切開術という手術を使い分けています。
白内障手術と同時に行うことも多いです。
治療がうまく行っても、一度失われた視野が回復することはありません。
緑内障は早期発見、早期治療が大切です。
40歳を超える方は自覚症状がなくても眼科検診を受けることをおすすめします。

PAGE TOP